交通事故で必要となる費用|弁護士の選び方で決まる

男の人

借金が膨らんだ場合

計算

債務整理は複数の借金を減免する方法です。債務整理の方法は自己破産・個人再生、任意整理があります。この業務は弁護士や司法書士に依頼をして行う事が一般的です。借金問題に詳しいと評判の弁護士や司法書士がいますので、まずは色々相談してみる事をお勧めします。

遺産相談する

ロウソク

遺産分割は被相続人の財産を相続人間で分割する事です。相続人がそれぞれ自己主張しすぎると分割協議がまとまらず、分割調停や分割裁判にまで発展します。この場合は弁護士に依頼する事が必要ですが、事前にもめ事にならないよう弁護士に依頼をしてスムーズな分割が行えるようにする事が重要です。

被害に遭った時

模型

高額な弁護士費用のことを考えると、弁護士に仕事を依頼することを躊躇してしまいがちですが、交通事故の場合ですと依頼しやすいシステムがあります。任意保険では主契約とは別に特約を付けることができますが、その特約の1つに弁護士費用特約というものがあります。弁護士費用特約というのは、かかる弁護士費用を保険会社が負担してくれるというものです。限度額は300万円、交通事故の弁護士費用の平均も高額設定されているので、弁護士費用特約を付けておけば、急に交通事故に巻き込まれても、負担なく依頼可能となります。弁護士に仕事を依頼する交通事故はいくつかありますが、その代表的なものが自分に責任のない、もらい事故です。もらい事故の場合、他の交通事故とは違い、任意保険に加入していても保険会社は示談交渉の代理人を引き受けないのです。なぜなら、保険会社は金銭的な利害関係がある交通事故に限り、示談交渉ができることになっているからです。そして、金銭的な利害関係がない交通事故の示談交渉を保険会社が行うと、弁護士法を違反することになってしまうのです。もちろん、代理人を立てずに自ら示談交渉することもできますが、示談交渉の相手は保険会社となりますから、それは賢明とは言えない判断です。よって、もらい事故被害に遭った場合は、弁護士に示談交渉の代理人になってもらうことがベストの選択だと言えるのです。もらい事故は、いくら注意していても発生してしまう交通事故ですから、このことは必ず覚えておくべきです。現在では着手金や相談が無料のところもあるので、その点も確認しておくといいでしょう。また弁護士特約の対象となっているのかを判断しかねるときにも、弁護士へ相談可能です。

身内が亡くなったときには

葬儀

相続というものは誰もが経験する事柄です。しかし、その対策がしっかりと行われていないと相続トラブルへと発展してしまう可能性があります。そのため、横浜の法律事務所に依頼をするときには評判などの口コミを参考にして事務所選びをするようにしましょう。