交通事故で必要となる費用|弁護士の選び方で決まる

ジャッジガベル
  1. ホーム
  2. 遺産相談する

遺産相談する

ロウソク

被相続人が死亡した場合に、被相続人が保有していた財産を相続人で相続する事になりますが、この場合に相続間でモメるケースがあります。このようなモメ事を防ぐ為にも弁護士に依頼をします。まず被相続人が死亡した後に、相続財産の確認をし、財産目録を作成します。この財産について相続人間でどのように遺産分割をするのか、分割協議を行います。この際に相続人が不参加だと遺産分割協議は無効となりますので、事前に相続人が誰かを確定させておく必要があります。遺産分割協議が終われば分割協議書を作成しますが、すべてがスムーズにいかない場合があります。この場合は遺産分割協定や遺産分割裁判を行う事になりますので、当然ながら弁護士に依頼をします。なお、遺言があればこの分割協議を行う必要はありません。例えば親の介護をしていたので多くの財産をもらいたい、親と同居しているので自宅や土地を相続したいなど、相続人の主張はまちまちです。共同名義で相続する方法もありますが、後にまたモメる場合があります。また分割調停や裁判になると長期化し、多額の費用がかかってしまいます。そこで弁護士に介入してもらい、分割をスムーズに行うようにする事がポイントです。弁護士は知識の他、遺産分割に関する経験や実績がありますので、アドバイスも効果的なものになります。後で後悔をしないように弁護士に依頼をして、最大限有利な条件を得られるように事前準備をすべきです。なお依頼をする際は費用面もしっかり確認しておく事が大切です。